熱伝導率・熱拡散率の測定ならおまかせください!

サーモウェーブアナライザ TA

非接触で熱拡散率を測定
有機フィルムからダイヤモンドまで
幅広いレンジで評価が可能に

サーモウェーブアナライザTA3

特徴

  • レーザーを用いた非接触測定
  • サンプルを置くだけの簡単操作
  • 測定個所を指定できる高いサンプル形状の自由度
  • 有機フィルムからダイヤモンドまでの幅広い測定レンジ
  • 条件設定が容易な絶対値測定方式
  • 水平方向と垂直方向の測定が可能 → 試料の異方性を確認
  • 熱拡散率から熱伝導率、熱浸透率へ変換可能
  • 分布測定が可能 → 試料の欠陥やムラを評価

熱物性測定レンジ

有機フィルムからダイヤモンドまで幅広いレンジの測定が可能です。また、測定の難しい高熱伝導樹脂も測定ができるようになりました。二層試料の測定や加工困難物の対応も承ります。

測定レンジ
実際の測定例
サンプル 熱拡散率 [m2s-1]
測定値 参照値
安定化
ジルコニア
1.1×10-6 1.2×10-6
アルミナ 12×10-6 12×10-6
ゲルマニウム 37×10-6 35×10-6
シリコン 89×10-6 88×10-6
110×10-6 120×10-6
170×10-6 170×10-6
多結晶
ダイヤモンド
720×10-6 400~880×10-6

その他実績

  • サファイア
  • タンタル
  • モリブデン
  • アルミニウム
  • チタン酸ストロンチウム
  • ステンレス(SRM1461)
  • 一般樹脂
  • 等方性黒鉛
  • 窒化アルミニウム(AlN)
  • 窒化ケイ素(SiC) etc

材料の異方性

測定方向
XYZの3方向の各々の熱拡散率が同一ワークで測定可能です。

試料の異方性の把握はしていますか?
フィラー(AlN, SiO2, SiC, CNTなど)と樹脂の複合材料は、配合比率で熱伝導性が大きく変化しますので、熱拡散率の測定が必須です。樹脂系材料の測定も可能です。

用途

電子部品の放熱材料の評価、半導体レーザの電極部の評価、熱電発電材料の評価、超硬工具のコーティングの評価 ほか

サンプル 測定方向 熱拡散率 [m2s-1]
測定値 参照値
ポリイミド t=25μm 垂直 0.14×10-6 0.13×10-6
水平 0.8×10-6 0.73×10-6
シリコンゴム放熱シート 垂直 1.1×10-6 NA
水平 1.3×10-6 NA
カーボンナノチューブ(CNT)入りゴム 垂直 0.24×10-6 NA
水平 6.0×10-6 NA
グラファイトシート 垂直 1.9×10-6 1.8~2.8×10-6
水平 100×10-6 90~100×10-6
高熱伝導樹脂A 20Wm-1K-1
(ユニチカ社製)
垂直 1.6×10-6 2.4×10-6
水平 16×10-6 12×10-6
高熱伝導樹脂B 5Wm-1K-1
(ユニチカ社製)
垂直 0.74×10-6 1.2×10-6
水平 3.9×10-6 3.1×10-6
  • 参照値とは、文献値、カタログ値、その他の測定方法による測定結果を示します。

分布の測定

樹脂の流動状態
樹脂の流動状態

同一の樹脂でも、成形条件や金型の形状で熱伝導性が変化します。

熱伝導性分布評価(定性値)
熱伝導性分布評価(定性値) ※熱伝導率の均質度をグラフ化できます。

同一の樹脂でも、成形条件や金型の形状で熱伝導性が変化します。

主な仕様

TA35 TA33 TA32 TA31
測定対象 熱拡散率
測定範囲 0.1 ∼ 1000[×10-6m2s-1]
出力データ 周波数、距離、振幅、位相、厚さ [TXT形式]
測定モード 垂直方向
水平方向
分布測定
付属その他 温度変調ヒーター Option Option
ピント調整 Auto Auto Manual Manual
制御・解析ソフトウェア
PC
測定環境 測定温度 室温
測定温度(ヒーター搭載時) RT ∼ 300[℃]
測定周波数 0.01[Hz] ∼ 100[kHz]
半導体レーザ 波長 808[nm]
最大出力 1.5[W]
放射温度計 素子 InSb
冷却方法 液体窒素
ステージ可動領域 検出ステージ ±5[mm] ±5[mm] ±5[mm]
試料ステージ ±10[mm]
繰り返し精度 ±5[%]
電源 AC100-240[V], 10-5[A], 50/60[Hz]
レーザ安全 CLASS Ⅰ LASER PRODUCT
IEC/EN 60825-1:2007

ご利用条件

測定対象 固体材料(樹脂・ガラス・セラミックス・金属・ダイヤモンドほか)
試料外形 不定形でも可
表面形状 極端な凹凸がないこと(厚みの規定ができれば良い)
表面処理 黒化処理が必要(炭素系材料では不要なケースもある)
試料サイズ 最大: 100 × 100 × 2 [mm]
最小: 10 × 10 × 0.015 [mm]
参照試料 不要

熱のお悩みを
ズバッと解決!
相談無料

029-825-2620
お問い合わせフォーム